【電磁波のお話】 #1

2013-07-06

かみむー

こんにちは。

初投稿させていただきます かみむーです。

 

私は学部4年なのですけど、研究室に配属になって初めて知ることって意外と多いと思います。

身近な事に対しても新しい発見があると楽しいですよね。(^^)

 

そんな身近な物の一例として、いまや生活と切り離せない存在になりつつある「電磁波」についてちょっとばかり考えてみようかと思います。

 

突然ですが「電波」ってなんでしょうか?

よく言いますよね。「東京メトロで電波が入るようになった!」とか(これは嬉しかったです笑)

「電」と「波」ですから電子の波でしょうか。電子が波のように移動する なるほどイメージしやすいです。

しかし残念ながら人はそれを電流と呼びます。

「電波」とはつまり「電磁波」です。「磁」を忘れてはいけません。

 

あるところに電子があったとします。この電子は周りに電界を作ります。

当然ですが電子が動けば、合わせて電界も変化するはずですよね。マクスウェルの方程式によるとこの電界の変化が磁界を作り、磁界の変化が電界を作る。こうして電界と磁界が互いに互いを作りながら伝わっていくのが「電磁波」です。

電界と磁界は互いに直角になるので下の図のように進んでいくことになります。

http://en.wikipedia.org/wiki/Electromagnetic_radiation

http://en.wikipedia.org/wiki/Electromagnetic_radiation

イメージがつかめたでしょうか。

つまり、「電磁波」というのは電子の動きによって発生した電気的な変化と磁気的な変化が伝わっていくものというわけですね。

次回は電磁波の種類についてみていこうかと思います。

 

画像出典:https://goo.gl/FYCIlX

かみむー 東京理科大学理工学部4年

@H_Kuu

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。