理系が大好きなアレを調べてみた

2017-01-29

ばる

こんにちは。ばるです。

理系学生が大好きなもの、といえば何が思い浮かぶでしょうか?
ビーカー?チェックシャツ?
たしかにそうですね。しかし!まだ重要なものがあります。

それはキムワイプです。
出典:https://pro.crecia.co.jp/product/search/index.php/item?cell003=%E7%B4%99%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC&name=%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97+S-200+mini&id=1001&label=1

もちろん僕も大好きです。(その理由は後述します)
今回はネット上でよく見るキムワイプ、その実態をお伝えしたいと思います。


■そもそも何?
キムワイプとは    「日本製紙クレシア」という会社が製造販売している「汚れをふき取るシート」です。
パッと見ティッシュのようですがティッシュとは異なり、パルプくずが出にくく、けば立つことがありません。
そのため、わずかなごみでも影響の出てしまう精密な実験器具の清掃や水分のふき取りに使用されています。

理系の研究室や実験室ではよく使われていて、僕の大学の実験室にも山積みにしてありました。
新入生の方もこれから山積みにされたキムワイプを見るかもしれませんね。


■使用例
上にも書いた通り、キムワイプの主な用途は汚れや水分をふきとることです。
しかし、僕たち理系学生のキムワイプに対する愛は様々な用途を開拓してきました。

そんなちょっと意外な用途を調べてみたのでまとめてみました。

・使用例1…鼻をかむ
かむと痛くなります。でもかみたくなる。それがキムワイプの魅力の一つ。

・使用例2…卓球
勉強や研究付けになってしまって運動がおろそかになりがちなもの。そんな理系学生を助けてくれるのもキムワイプ。国際キムワイプ卓球協会( http://www.iktta.org/ )も存在します。

・使用例3…コーヒーフィルター
実験室でコーヒーフィルターが切れても大丈夫。そう、キムワイプならね。

・使用例4…食べる
実験室で食料が切れても大丈夫。そう、キムワイ(ry

・使用例4…台所周りの油落とし
水を吸うけど溶けない、という性質を利用した使い方。わりとごしごししても大丈夫。

・使用例5…マニキュア落とし
この使い方はしたことないですが、できるみたいでびっくり。


■僕的用途
ここからは僕が普段キムワイプを何に使っているのかをお話しします。
これを書くためにこのテーマにしたといっても過言ではない。

実は、僕は万年筆が好きです。
持ちやすいフォルム、滑らかな書き味、使い込むほど手になじむ感覚、すべてが愛おしいです。
そんな万年筆ですが、インクびんからインクを入れたり、インクの色を変える際は洗浄が必要だったりといろいろと手間が必要なものなのです。

インクを拭こうとティッシュを使うとペン先にティッシュの繊維が残ってしまう…。
しかし布は用意がめんどくさい…。

そこでひらめいたわけですよ。そうだ、キムワイプだ、と。
幸い、僕の大学ではなぜかキムワイプが販売されています。

調べてみたら万年筆を販売しているお店やペン先の調整師さんの間でもキムワイプを使う人が多いらしく、さすがという感じですね。

ばる 明治大学理工学部物理学科3年

楽しければ何でもいいやって思ってる

@gear_179

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。