大学で使う実験器具の値段を調べてみた

2017-01-31

ばる

理系学生には欠かすことのできない実験器具。
「…そういえば大学で使っている実験装置っていくらするんだろう?」
皆さんも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
 
そこで今回は「アズワン」という会社が出しているカタログで調べてみたので独断と偏見でいくつか紹介したいと思います。
 
 

1、クリーンドラフト スタンダードタイプ 1個:2,520,000円

出典:http://www.justis.as-1.co.jp/jus-tis/web/SearchResultList.aspx?sid=justis&pid=JustisTop&stype=Keyword&keyword=%u30AF%u30EA%u30FC%u30F3%u30C9%u30E9%u30D5%u30C8%u3000%u30B9%u30BF%u30F3%u30C0%u30FC%u30C9%u30BF%u30A4%u30D7&spec=false&op_from=jus-tis

一家に一台あったら便利なドラフト。
様々なタイプがあり、40万円程度のコンパクトなものもありましたが、やっぱり大きい方がかっこいいですよね。


 

2、12チャンネルマイクロピペット 1個 84,700円~90,200円

出典:http://www.justis.as-1.co.jp/jus-tis/web/SearchResultList.aspx?sid=justis&pid=JustisTop&stype=Keyword&keyword=12%u30C1%u30E3%u30F3%u30CD%u30EB%u30DE%u30A4%u30AF%u30ED%u30D4%u30DA%u30C3&spec=false&op_from=jus-tis

テレビの研究してるシーンでもよく見るあれ。
いっぺんに12個も試料を分注できるなんてかっこいいですよね。
一回使ってみたい一品。

ちなみにチャンネルが1つのものは30,000円程度からでしたが、測れる量や精度によってばらつきがあり、高いものだと80,000円のものがありました。
 


3、デジタルストレージオシロスコープ 1個: 44,900円~

出典:http://www.justis.as-1.co.jp/jus-tis/web/SearchResultList.aspx?sid=justis&pid=JustisTop&stype=Keyword&keyword=%u30C7%u30B8%u30BF%u30EB%u30B9%u30C8%u30EC%u30FC%u30B8%u30AA%u30B7%u30ED%u30B9%u30B3%u30FC%u30D7&spec=false&op_from=jus-tis

みんな大好きオシロスコープ。
僕も1つ欲しいんですよね。オシロスコープ。頑張れば買えそうなお値段…?
ただ、精度等によってかなりお値段が変わるようで高いものだと20万円近くするものもありました……。
 


4、キムワイプシングルホルダー 1個:5,800円

出典:http://www.justis.as-1.co.jp/jus-tis/web/SearchResultList.aspx?sid=justis&pid=JustisTop&stype=Keyword&keyword=%u30AD%u30E0%u30EF%u30A4%u30D7%u30B7%u30F3%u30B0%u30EB%u30DB%u30EB%u30C0%u30FC&spec=false&op_from=jus-tis

気になって調べたというよりカタログ見ていたら気になった商品。
理系の主食、キムワイプを壁やホワイトボードに張り付けられる一品。
素晴らしい。
 
 
いかがでしたでしょうか。想像した値段との違いはありましたか?

普段、実験器具のカタログを見る機会はなかなかないと思いますが、いざ見てみるとなじみのものが予想外の値段だったり、予想外のものが見つかったりといろいろな発見がありました。

実はこのアズワンのカタログ、ウェブで公開されていでだれでも見ることができるんですよ。(商品検索システムのURL: http://www.justis.as-1.co.jp/jus-tis/web/JustisTop.aspx?sid=justis&op_from=jus-tis )

暇つぶしには最適ですので皆さんもぜひ気になった実験機器を調べてみてはいかがでしょうか。

ばる 明治大学理工学部物理学科3年

楽しければ何でもいいやって思ってる

@gear_179

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。