食品の成分について化学的に学ぶ

2015-03-20

てぃん

Profile

明治大学
農学部 農芸化学科
峯木 晴香さん

取材日:2014/03/26
編集者:清水雅俊

※このインタビューは取材してから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

研究内容

---どんなことを研究していますか?

食感について研究しています。例えば、グミには、ふにゃっとしているグミや噛み応えのあるグミなど、いろんな食感があると思います。その、どうして食感が違うのか?を顕微鏡で構造を観察し、機械でかたさを測定して、可視化しようとしています。様々な食品を扱っていますが、私は現在、「米粉パスタ」をテーマに研究しています。添加物を添加することによって、米粉の難点である付着性を抑えようという研究です。

--- 資格の勉強もしているとお聞きしましたが?

大学3年生の3月に資格を2つ取りました。「初級官能評価士」と「ジュニア野菜ソムリエ」です。初級官能評価士は、研究室の先生が勧めてくださいました。実際に研究室でも官能評価を行っているので、勉強することで自分の知識も増やすことができたと思います。

--- 初級官能評価士ってあまり聞き慣れないですね

官能評価士とは、食べて評価する人です。例えばグミを試食して、柔らかさや歯応えなど項目にそって評価します。評価の項目も様々ですし、評価方法も1つではありません。研究室では、たこ焼きのとろみについて官能評価したことがあります。

--- ジュニア野菜ソムリエも研究のために取得したのですか?

ジュニア野菜ソムリエは趣味です(笑)家が農家ということもあり、“野菜”が生活の中で身近な存在でした。自分の知識を増やそうと思って、資格に挑戦してみました。

--- どういったことを勉強するのですか?

アレルギー表示、農薬の規定の話から始まり、美味しい野菜の選び方や野菜の成分、基本的な調理の仕方まで勉強します。

--- 明治大学以外に進学しようとは思わなかったのですか?

農学部に志望を変更したのが高校3年生の夏だったので、受験科目を増やしたりすることは出来ませんでした。明治大学には、食品工学研究室という食品の物性を勉強できる研究室があると知り、その研究室で勉強をしたいと思ったので志望しました。明治大学以外にも食品工学を勉強できる大学はいくつかありますが、自分の偏差値や受験科目・通学時間等を考慮して明治大学にしました。

--- 農学部ですが、栄養のこともやるのですね!

農学部は、様々な学科に分かれていますが、食品に関する授業が多かったりするので女の子にも人気があります。農学科では植物・動物を学んでいます。他には、ゲノムや遺伝子などについて学んでいる「生命化学科」、農学部ですが文系の学科の「食料環境政策学科」という学科があります。ここでは主に農学と経済よりの勉強をします。

--- 学科の特徴はありますか?

「農薬科学」という授業もありますし、1,2年次には、実際に班で「ルッコラ」という植物を育てて実験を行いました。他にも実験では、食品を使った実験や土壌の実験も行いました。他の研究室ですと、ラットの解剖もありますし有機化学の勉強もできます。1、2年の間は広く浅く勉強してその中で自分が本当に興味のある分野を探します。

--- 研究室は、希望のところに行けるのですか?

全員が希望のところに行けるわけではないです。成績順で評価され、面接等はなく、GPAのみが見られるので、1・2年の間は行きたい研究室に入るために必死に勉強しました。おかげで入学前から入りたかった研究室に入る事が出来ました。

--- 研究室の特徴はありますか?

食品成分を研究している研究室はいくつかありますが、実際の食品を扱って研究しているのは私の所属する食品工学研究室だけです。それぞれが、市販の食品や自分で作った食品をサンプルとして物性測定や構造観察を行って、「食感」を可視化しようとしています。研究以外ですと、研究室のメンバー間ですごく仲が良いです。先生もとても面倒見が良い方で、研究以外のことにも相談に乗ってくださいます。先輩とも仲が良く、雰囲気も明るいです。研究室のメンバーで、皆でご飯を作ったり、休みの日には、研究室のメンバーでフットサル大会に出ることもあります。

--- 研究室の人数は、どのくらいですか?

同期は男子3人女子2人の5人です。後輩・先輩も含めると20人ぐらいいます。

理系に進んだ理由

--- どうして食品に興味を持ったのですか?

高校1年生の時に入院して、病院のご飯があまり美味しくなかったことがきっかけでした。当時栄養士が付いてくれて、病院食について説明を受けましたが自分の中で納得が行かず、「自分の他にも絶対病院食に違和感を持っている人がいると思うから、自分が栄養士になって病院食を変えてみたい。」と思うようになりました。

--- どうして農学部に進もうと思ったのですか?

母親が栄養士であることからも、「栄養士になりたい!!」と初めは思っていたのですが、自分の興味がだんだんと食品の栄養面ではなく企画や開発の方に移っていきました。そんなとき、あるテレビ番組で食品を作る過程が紹介されていて、面白いなと思いました。ずっと食品関連に携わりたいという意識は持っていたので、高校3年生の頃に食品の物性や成分を化学的に学べる農学部にしました。

受験時代

--- 公募入試で入学したとのことでしたが、詳しく教えてください。

そうです。高校3年生の夏までは栄養学部に一般入試で入るために、勉強していました。9月になり、進路を本格的に決める時期に、栄養学部から農学部に志望を変更しました。なぜなら、食品の物性を学べる研究室が明治大学にあったからです。明治大学を調べていると、公募入試があることを知りました。公募入試に落ちてしまったら一般受験する予定でしたが、入学する可能性を増やすために、公募入試にも挑戦することにしました。

---公募入試はどんな対策をしましたか?

試験科目は、1次が書類審査、2次は小論文と面接でした。小論文は個人塾に通って対策をしました。短期間でしたが、1週間で10本以上の小論文は書きましたね・・・。当時「農芸化学」に関するお題が出ると聞いていたので、食品・微生物・環境などの知識を必死に覚えていました。

キャンパスライフ

---理系女子大生コミュニティ凛に所属していると聞いたのですが、凛に入ったきっかけは何ですか?

友人が勧めてくれたからです。1年生の頃は大学のテコンドー部に入っていましたが、11月頃に辞めてしまいました。「新しい事をやりたい!でも、今から大学のサークルは入りにくい・・・」と友人に相談したときに勧めてくれたのが凛でした。そのときに発行していたフリーペーパーを見て、ミーティングに参加して、私も一緒に活動したいと思ったので入る事を決めました。

--- 凛ではどんなことをしていましたか?

企画局だったので、主にイベントの企画や、企業取材を担当していました。あと、場の雰囲気を明るくする担当をしていました(笑)

高校生へメッセージ

やっておけば良かったって後悔することはあっても、やらなければ良かったって後悔することはほとんどないと思います。まだまだ、高校生はたくさんの可能性があると思うので、やっとけば良かった、と後悔することがないように、興味のあることがあったらぜひ挑戦して欲しいです!!

てぃん 理系コミュニティ理系+

情報系の学部4年生。理系コミュニティ理系+にてwebエンジニアとして活動中。趣味は映画鑑賞、パン屋さんめぐり、ミュージカル鑑賞。

@snoopypoint

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。