ソメイヨシノはすべて双子!?

2014-04-02

シータ

ソメイヨシノ

画像は「花図鑑」より引用

こんにちは!桜のシーズンですね。そこで今日は桜にちなんだ話を少ししたいと思います 。
桜の中でも有名なソメイヨシノ。ソメイヨシノは公園や河原などにたくさん咲いていますが、実はどのソメイヨシノも全員同じ遺伝子を持っているのです!つまり、日本全国に植えられているソメイヨシノは全員双子だということです。なんぜこんなことが起きたのかというと、交配によってたまたま非常にきれいな花を咲かせる桜が出来たので、これを守ろう!ということで接ぎ木や挿し木などを繰り返して増やしていったからです。他の遺伝子が入ってこなければ、きれいな桜の性質はいつまでもキープされています。
「同じ木のおしべとめしべをくっつけて種を作ればいいじゃないか」と思うかもしれませんが、実はソメイヨシノは自分自身の花粉では受粉できない、という性質を持っています。そのためソメイヨシノは、遺伝子をキープしたいならば接ぎ木などの方法でしか増やせません。すでにみたようにどのソメイヨシノも同じ遺伝子なので、違うソメイヨシノの木同士でもやはり受粉はできません。
ちなみに、遺伝子が同じなので環境がそろうとどの木も同じタイミングで開花します。これが「桜前線」というものが存在できる理由でもあります。

さて、種の中で遺伝子が同じ、というものは、実はほかにもあります。

 

画像は「」より引用

画像は「胃に効く食べ物 バナナ」より引用

私たちにお馴染みの果物、バナナ 。このバナナも実は遺伝子の多様性はほとんどないのです。思い出してみると、バナナには種がありません。おかしいですね。実は、バナナは種無しスイカと同じように、たまたま三倍体になって種がなくなってしまった品種を、食べやすいしおいしかったので、株分けなどによって人間が大事に育ててきたものなのです。なので、バナナの原種にはこのように種がちゃんと入っているのです 。

画像は「バナナがかかる病気とは」より引用

画像は「バナナがかかる病気とは?」より引用

ちなみに、バナナは遺伝的多様性が低いことから、病気が流行すると一気にやられてしまう、という問題を抱えています。かつて主流だったバナナの種類グロス・ミシェルは、パナマ病という病気にやられてしまいました。遺伝的多様性が低いとこういうリスクもあるのです。

さて、これまでの話はすべて、よい遺伝子のものが見つかったので、人間が手をかけて増やしてきた、というものでした。しかし、遺伝的多様性が低い種というのは偶然にも発生するものです。
例えば、サバンナの最速ランナー、チーター 。実はチーターの遺伝的多様性は非常に低い、ということが知られています。これは、約一万年ほど前に絶滅の危機が起こり、チーターの個体数が非常に減ってしまったためだろうと考えられています。

 

また、有袋類の一種であるタスマニアデビル もまた、遺伝的多様性が非常に低いことで知られています。

 

このタスマニアデビルは、互いに遺伝子があまりに似通っているために、実は絶滅に危機に瀕しています。タスマニアデビルがかかる顔の癌の一種があるのですが、それがなんと互いに顔をすり合わせるだけで別の個体に移ってしまうのです!癌の転移というのはよく聞く話ですが、他の個体にまで「転移」してしまうというのは何とも恐ろしい話です。
チーターやタスマニアデビルほどではないにしても、遺伝的多様性がやや低めの種というものはいろいろと存在します。実は、なんと人類は他の種と比べて遺伝的多様性が低めである、ということが知られています。この理由はまだ論争中ですが、チーターの場合と同様に「何らかの危機」が起きて、あるタイミングで人類の個体数が非常に減ってしまった、という説も唱えられています(興味のある方は「トバ火山」で調べてみてください)。
それでは今日はこの辺で☆

 

画像出典:https://www.flickr.com/photos/hourou/8579916004/in/photolist-e5bj7h-DPaMU-DPaN2-e55ERM-mPhsaL-6dswtb-snYpSu-9v2ZBo-EFjDV-DPaMX-F17bif-7QH1v9-mXZ5rq-mMur1j-EWedg-EEowvB-F17aWy-e5yxTa-mC65DZ-bJUPWP-FVXCuu-FBeMJh-saMwu6-rTWRAh-7QaR96-GxVWvm-rRZ6hs-ntTYPa-ncnNbw-yAJsj-bswXF7-EFnnC-ncGa9L-e3QsXN-F1foAW-e3JP1H-bxueqQ-qVmRCk-Fvzxkd-7WahRC-7W77V2-FVFXNF-FPQgGc-7Wah3d-FPQ9Zp-F4Ytv9-eaurKj-byMsUj-9AReXR-ns8ubg

シータ 東京大学大学院総合文化研究科 博士課程3年

文化の研究はしてません。やってることは物理です!

@Perfect_Insider

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。