テニスをしていない松岡修造は「熱い」のか

2014-08-27

リチャード

どうも初めまして。

最近まで田舎(実家)に避難していたリチャードです。

夏にもかかわらず、少し肌寒い感覚があるのは何故でしょうか?

A、松岡修造さんが水泳のイベントで海外に行っているからΣ( ̄ロ ̄lll)

ではなく何かしらあるのでしょうが、気象は今回の話ではありません。

この暑さ寒さという話の大本にあるのは「熱」というもの!  今回はそんなお話です。

 

「熱」と言っても思い浮かべるのは手をこすった時や風呂に入っている時などいろいろです。

日常で使う「熱」のイメージは

『立方体の高温物体と低温物体を、一面で接触させ長時間放置する。放置後、二つの物体は等温になっている。

「同じ温度になっているのなら高温と低温の間で何かやり取りがあったはずだ」

熱のイメージ図1

「この時移動した何か」=「熱」』

といった感じが一般的。

しかし「何か」はまだ分からない。難しいですね。

 

こんな時には拡大してみる。

 

手のひら、肌、細胞、分子、原子・・・・・

 

リチャードは「原子」を新しい視点にしてみます(�∀`)

原子は「原子核と電子で構成される、質量と大きさを持つ粒子」と仮定します。

単に「ものすごく軽くて小さいボール」とでも考えてください。

物質はこのボールが連なってできていて

手のひらを擦り合わせたときには、非常に多くのボールが擦り合わさっているということ。

これらのボールは物質内で密接に詰まっているので、擦られたボールは隣のボールも擦り・・・といった具合にボールはそれぞれ擦りあう状態ができる。

httpwww.phys.u-ryukyu.ac.jpwikiindex.php%CA%AA%CD%FD%A5%B7%A5%DF%A5%E5%A5%EC%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A4%CB%A4%E8%A4%EB%BB%EB%B3%D0%B2%BD%A4%F2%CD%D1%A4%A4%A4%BF%A5%A4%A5%F3%A5%BF%A5%E9%A5%AF%A5%C6%A5%A3%A5%D6%A4%CA%BC%F8%B6%C8%C5%B8%B3%AB#wda0b708図2

ってことで結果は、摩擦によって手のひらは熱くなる。

摩擦といっても、原子で見ると「こすりあう」よりも「ぶつかりあう」という表現の方が適切ですね。

(�з`)<つまり「熱」とは、「衝突する運動」と同じことナノダヨ! ΩΩΩ<な、なんだってー!?

摩擦で原子が激しく運動すれば熱くなり、逆に原子があんまり運動していないなら冷たいということなんです。

最後にリチャードの結論:「熱とは、原子の衝突によって運動が激しくなることである

 

では、暑さ寒さに戻りましょう。

「熱」の正体は「原子の運動」だとわかりました。

ある立方体の空間内に気体がある時、ここに多量の熱(多量の運動のエネルギー)を与えるとします。

与えると気体の分子原子は動き回り、空間内に広く分布している他の分子原子に当たります。

これは分子原子の行先が無数にある乱雑な運動なので、熱の多い部分と熱の少ない部分という差ができてしまいます。

空間全体で熱を話すときには、この二つの部分(正確には一度の差さえ)も考慮することを考えなければいけません。

そんな途方もないことなので「平均」という考え方を用いることにすると「温度」は

閉じている空間内にある気体の分子原子の運動エネルギーの平均=温度

となります。

これが「熱い」と「暑い」のニュアンスの違いにもつながるのですね。

 

余談になりますが、リチャードは松岡修造さんが好きです。ΩΩΩ<な、なんだっ(略

TVでみる人物像やテニスでの努力を知って好きになりました。

この熱い男 「松岡修造」 は確かに熱い。 言動、行動すべてが熱い。

 

けれどリチャードの結論では全く熱くないんです!

テレビでコメントする松岡修造さんは全然運動してないじゃないですか!?

運動の激しい状態が熱いのです。

つまり、テニスをしている松岡修造さんこそ 「熱い」 のです!

___________________

図1 自作。見づらいのはすいません。精進します。

図2 琉球大学理学部物質地球科学科

「httpwww.phys.u-ryukyu.ac.jpwikiindex.php」より引用

 

 

 

 

 

 

画像出典:https://goo.gl/BZVC4h

リチャード 物理学科一年

しがない物理学科一年です。 学んだことや、興味で調べたものを「分かり易く」を目指して書いてきたいね。気になったことや「これは何?」など聞きたいことはツイッター@richard33313まで。

@richard33313

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。