とある高校生の数学講座「定義と定理の違いって?」

2014-07-21

アーベル

 

 

以前 鯵のお刺身を食べたときに小骨が刺さり 二度と鯵のお刺身を食べるもんか(`へ�*)ノ

 

 

 

と、誓ったことはとうの昔に忘れて、

 

今ものすごく鰹の叩きが食べたいアーベルです。(*�・ω・`)b

 

こんちゃーす。

 

 

今日は 定義 について、お話しよーかなーと 思います!( ・`д・�)キリッ

 

最近、高校入試で定義を聞く質問が増えてます。この期に、覚えましょーう!

 

そもそも定義とは?

定義…あるものとして存在するための条件のこと

 

例えば、「時計」の定義は、

 

簡単に言えば 時刻を示すもの

厳密に言えば 太陽暦がなんちゃらほい。といったものでしょうか。

 

時刻を教えてくれないものを時計と言っていいのでしょうかね?

 

定義と定理の違いが しばし、皆さんに混乱を及ぼす場合があります。

ここで、ちゃっかり理解しましょう。(ゝω・�★)

 

定義は ある事柄が成り立つための条件。

定理は 定義で定めた条件から新たに何が分かるかまとめたものです。

例えば、ティッシュ!

一般的に、

定義は、薄い二枚の紙を重ねたもの。

定理は、鼻をかむことができる。

ティッシュ先輩 いつもお世話になっております!!

こんな感じですかね。

 

それでは、皆様を 意外と知らない定義の世界へ!

 

 

 

ご招待しません。自分でついてきて下さい。( ̄ー+ ̄)キラリ

 

まずは、「円周率」

 

定義 「直径に対する円周の割合。」これは、某K高等学校の過去問で拝見しました。

公式 2πr=l が この定義を物語っていますね♪

中学生は 意外と答えられないんですよね。これが。

 

そして、「素数」

「1とその数自身でしか割れない数。但し1は除く。」1を除くというのが大事です。

きっと 次のテストで、出ますね。はい。

また、言い換えれば正の約数が2つだけの正の数とも言えますが、

さっきのやつのほうが、無難ですね。(�<_` )

 

 

ここまでは、初級です。( ・`д・�)キリッ

 

 

中級 やっていきましょう。

 

「正多面体」

正多面体は全部で五種類!

正四面体。正六面体(立方体)。正八面体。正十二面体。正二十面体。この五種類です。

つまり、この全てにしか当てはらない定義でないと、いけませんのよ。ドヤァ( ゚∀゚)ノ

 

定義「面が全て同じ正多角形で、一つの頂点に集まる面の数が同じでへこみのない立体。」

この「一つの頂点に集まる面の数が同じ」がimportantです。あ、ついつい英語が。

 

これはアーベルが長年留学してたから もちろん嘘です。

過去問では、正十二面体や正二十面体の体積を求めよ。といった問題を見ますね。

中学の知識のなかでやってみてください!果てしなく疲れます。(^_^)

 

 

次は、「因数」

因数分解の因数ですね。因数分解は因数に分解することです。

じゃあ 因数とはなんじゃらほいほい。

 

定義「その数に掛けてあるそれぞれの要素」

何いってるかわかりませんね?では、イメージしてみましょう。

「項」というものがありますね?あれは「+」の記号を基準にわけて考えていました。

それが「�」で わけたものが「因数」です。

 

 

そんなもんでいいんすぅ・・・・・・

 

 

 

 

[壁]д ̄) チラッ

 

 

 

 

「三角形」

皆さん最低1日100回はかいてる あの三角形の定義は何でしょうか?

定義「3つの直線に囲まれた図形」。以外と 簡単でしたね。

 

あ!でも、必ず!囲んで下さいね。囲まれる三角形の気持ちにもなってください!

ただ直線引かれて囲まれないまま生涯を過ごすなんて、考えただけでもめんどくさいですね♪

 

 

中級 終☆了

 

さて、お待たせしました。待ってない方も お待たせしました。

 

上級!

 

「数」とは 何か?

なんか究極の質問ですねヽ(�・ω・`*)

いろいろ、考え方はありますが、

 

定義! 「四則計算が可能なもの」

要するに+-��の計算が出来るものを“数”と呼んでいるんですねぇ~。

 

〜お ま け〜

 

では、今までいろいろと喋ってきた アーベル の定義とは、何でしょうか?

 

定義! イケメンで、勉強できて、運動神経抜群で、優しくて、人望があって、リーダーシップがあって・・・

 

これらの要素がないのが、アーベルの定義です。・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

 

お疲れ様でした!

 

また、どこかでお会いしましょー

ではでは さいならー (^-^)/

 

画像:アーベルが試行錯誤のすえに書き上げた「ていぎくん」

画像出典:https://goo.gl/p1siFp

アーベル

今をときめく高校生 数学好き 立ち止まるのが嫌いな人間

@Abel_elliptic

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。