One Click Ventureのきっかけ

2016-08-02

LIP実行委員会 miyu

こんにちは。みゆです。


今日は弊団体の新企画であるOne Click Ventureを始めたきっかけを綴ろうと思います。(既に応募者が集まってきていますよ!)


LIP OCV header - index

こちらのロゴでおなじみ(?)のOne Click Venture 。

LIP実行委員会の活動としては、全く新しいタイプの企画だと自負しています。このタイミングでなぜOne Click Ventureを始めるかというと

弊団体のコンセプトを基に、実際にバイオテクノロジーで革新をもたらす人材輩出を行うフェーズに入っても良いタイミングだと判断したからです。

というのも、LIP実行委員会が立ち上がってから3年ほど経過しますが
弊団体のコンセプトは
「バイオテクノロジーで起業し、社会に革新をもたらす人材育成を行う」
というものになっています。

コンセプトを実行に移す準備段階として、これまでにイベントを2回開催しています。

いわゆる
「バイオ系の学生にはどんな進路の選択肢があるのか」
といった内容を伝える趣旨のイベントを2回行っています。

趣旨こそ同じですが、実は1回目と2回目では規模や対象を少し変えているのです。

1回目のイベントでは100人規模で男女問わず学生を対象にし
「バイオテクノロジーで起業する、という選択肢もあるんだ!こんな風に活躍しているんだ!」
とバイオテクノロジーで革新をもたらす学生が増えることを期待したイベントをアレンジしました。
お堅く言えば「アントレプレナーシップの醸成」のフェーズですね。

2回目のイベントでは30人規模で女子学生を対象にし
「バイオ系のリケジョって将来安定なの?」という学生の疑問を解消することを目的に、実際の活躍イメージを理解してもらうことを期待したイベントをアレンジしました。

多少なりとも、バイオテクノロジーでどのように社会貢献していけるのかを学生さんにお伝えできたつもりです。

_DSC7030
(※ 第2回イベントの様子)

となると、弊団体としてするべきことといえば1つ。

「バイオテクノロジー関連で起業したい人を支援しよう!」

となったわけです。

ただし、”起業”というアクションに対してハードルを感じる人が多いことも事実。(弊団体メンバーでさえ、起業に関して100%理解しているわけではありません。)

そのような人達に対して、”起業”のハードルを下げてあげることが私たちのすべきことであると判断しました。

起業したいという熱意がある人のなかには1から10まで自分で起業するために必要なことを調べて実行できる人もいます。

一方で、そこまで調べつくすほどではないけれど
革新をもたらしうるアイデアを温めている人もいるかもしれません。

「こんなアイデアでもいいのかなぁ」と、アイデアを温めている人にも一歩を踏み出してもらうため
弊団体のOne Click Ventureが始動しました。

ちなみに、某46人アイドルグループの「きっかけ」という曲には

「決心のきっかけは理屈ではなくて いつだってこの胸の衝動から始まる」

というワンフレーズがあります。

衝動でもいいから、気楽にアイデアをぶつけてきて欲しいんです。
弊団体は全力で審査・支援を行っています!!

詳細はOne Click Ventureのページをご覧ください。

また、友人・知人の方々にバイオテクノロジーで起業することを考えている人がいらしたら是非 One Click Venture をお知らせくださいね!!

それでは皆さんよい週末をお過ごしください。

Writer:みゆ

LIP実行委員会 miyu

バイオテクノロジーで起業を考えている方のサポートをしています。定期的にイベントも開催しています!

@lip4girls

lip4girls.com

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。