【特別企画】理系+イベントチームの紹介

2016-04-06

ポテト

今日は、理系+イベントチームの目標・活動実績・2016年度のスケジュールを紹介します!この記事を読んで、理系+の活動に興味を持って欲しいなぁーって思っています。

目次

・理系+のビジョン
・理系+イベントチームの目的
・活動実績
・2016年度のイベントスケジュール
・理系+で活動して得られる楽しさ・成長・スキル

理系+のビジョン

私たち理系コミュニティ理系+は、

理系+のビジョン

「理系であることを全力で楽しむ」をビジョンとして、理系学生を対象に、イベント企画やWEBコンテンツの配信をしています。

僕(理系+)は、科学が楽しくて好きです。純粋な学問としても面白いし、社会はテクノロジーに支えられているし、身近に面白い科学って潜んでいるし、科学いいなぁー、もっと知りたいなぁ、届けたいなぁ、って思っています。

理系+は、科学をもっと楽しむ機会、理系学生が活躍する機会を作っていきます。

理系+ 半期成果報告会

理系+のコンテンツ

理系+は、4つのコンテンツで、ビジョン「理系であることを全力で楽しむ!」にアプローチしています。

・理系イベント
・理系の全ての情報が集まるWEBサイト「りけぷら」
・理系の進路選択応援サイト「りけたま」
・理系メルマガ

今回は、理系イベントについて詳しく紹介します。

理系+イベントチームの目的

 

理系学生同士が集まって、”科学の魅力・楽しさ” を共有する場を毎月作る。

科学や勉強好きな人達はマイノリティだと思います。そのまま大学や高校にいるだけじゃ、仲間を見つけることは難しい。だから、理系+は科学好きな理系学生が集まり、交流し、科学を楽しみ、成長する場として、機能したいと思っています。

理系+ イベントチーム

理系+の活動実績

じゃぁ、具体的にどんなことしてきたの?っていうと、こんなことしてきました。

2011/02/19 「第1回理工系学生交流会」

理系+初めてのイベントです。様々な分野の理系学生80名が集まり、ゲストによるミニプレゼンやフリートークを行いました。

理工学生交流会

2015/05/16 「デザインフェスタ vol.41」

ビーカーキャンドルワークショップを行いました。アートをきっかけに、科学の魅力をもっと知って欲しい。そんな想いで企画しました。

ビーカーキャンドルワークショップ

2015/08/31 「大学院生による研究発表会」

理系+で1番人気の恒例イベントです。理系大学院生に、他分野の学生にもわかりやすく、自身の研究を発表していただきました。発表分野は、シミュレーション・エネルギー問題・心筋梗塞・微生物の4つ、色々な分野の研究について知ることが出来ました。

理系院生による研究発表会

理系+の活動は今年で6年目に突入し、30以上のイベントを企画してきました。これからもどんどんイベントを企画して、理系学生の交流の場を作ります。

そして、今年度はこんなことする予定です。

2016年度のイベントスケジュール

4/24(日) 理系ビブリオバトル

科学好きな理系学生と出会い、良質な本とも出会う場を作ります。

理系ビブリオバトル

5/21(土) 理系学生向けコミュニケーション講座

コミュニケーションは感覚や勢いではなく、体系的に学ぶことが出来ます。コミュニケーションを要素分解して、一つ一つ解析していきます。ロジックに考える理系学生にぴったりです。

理系学生向けコミュニケーション講座

6/07(日) 高校生による研究発表会

高校生が、高校から飛び出して、大学生・社会人に向けて、研究成果をプレゼンします。研究テーマは、「数学折り紙」「ミミズの土壌改良能力」などなど。

高校生による研究発表会

7月以降のイベントもこれからどんどん企画していきます。理系学生が交流し、楽しむ場をどんどん作っていきます。皆様のご参加お待ちしております!

理系+で活動して得られる楽しさ・成長・スキル

理系+で活動して、何が楽しいのー?っていうと、イベント参加者の表情の変化が楽しいです。「へぇー」って言ってくれたり、笑ってくれたり、そういうのがスゴイ嬉しいです。また見たいなぁーって思います。

理系+ イベント

 受動的 → 主体的な人生に、生き方が変わった!

価値を享受するより、価値を提供する方がずっと充実を感じます。理系+でそれを知ることができました。自分が好きなこと(科学)をテーマに価値を提供する。大変だけど、やり甲斐を感じます。

 コミュニケーション能力の向上

プレゼンテーション講座・ライティング講座でエッセンスを学び、月2回のMTGでの発言、司会の経験、理系コラムの執筆などを通して「伝える力」が身についてきました。

科学好きな大学生・社会人・高校生と一緒に、科学の話をいっぱいする機会にも恵まれて、ほんとーに楽しいです。

 科学がどんどん好きになる!

もともと科学が好きでしたが、理系+での活動を通して、様々な視点で科学を捉えられるようになりました。数学と物理は、純粋に原理や数式を追うのも楽しいけど、科学の歴史・テクノロジーと経済発展、そーゆー視点で見るのも面白いです。

大学や研究室を飛びでて、自分の専門に閉じこもらず、色々な分野の大学生、社会人、高校生と交流して、「あ、生物も面白いなぁ」「科学と宗教にはこんな深い繋がりが..びっくり」「えー、ひつじ雲と味噌汁って流体力学的に一緒なんだー!」とか発見がいっぱいです。

知れば知るほど、伝えれば伝えるほど、どんどん科学が好きになります。

□■______________________________________

この記事を読んで、「理系+の活動に興味が湧いた!」という方がいましたら、下のバナーをクリックして、ぜひ説明会にご参加ください。

理系+運営メンバー説明会

最後まで読んでいただきありがとうございましたー!
理系+は、ほんといいとこなので、ぜひ来てください。

ポテトでした。

ポテト 元理系+メンバー

上智大学光物理研究室で「光と物質の相互作用」について研究している院1年生。 お風呂の中で、YouTube見ながら、Twitterして、ビールと堅あげポテト食べるのが好き。

@potepote18

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。