理系学生は学びたいことを本当に学べているのか!? 【進学・専攻分野編】

2013-05-20

ゆってぃ

理系コミュニティ理系+ アンケート調査チームです。

2013 年 11 月、『秋の大調査』と称してアンケート調査を行ったのを覚えているでしょうか。
理系学生の皆様に、普段の学生生活や将来、さらには恋についてなど、
様々な質問に答えて頂きました。

早くも 1 年が経ってしまいましたが、117 名の方にご回答いただいたデータから判明した
理系学生の生態を紹介していこうと思います。
今回は理系学生の生態その1「進学・専攻分野」についてお送りします!

 

みなさん初めまして!

偶然の恩師との再会によりこの場で記事を書くまでに至ったゆってぃです。
今回の内容は、高校生なら誰しも一度は気になったことのある

志望校への合格率自分の専攻分野について書いてみました。

 

…気になりますよね?大学生や社会人になっても周りのみんなは
どうだったのかって気になりますよね?

その答えはこの下に!!

大学進学の現状

現状を調査するにあたり次の質問をしてみました。

「現在通っている大学は、入学前にあなたが入りたいと思っていた大学でしたか。」

以上の質問から得られた結果は、大学に入る前までに志望校(第二志望以降も含む) として選んだ大学に進学できた人の割合は全体では59.6%男女別で見ると
男子64.3%女子55.3%という結果になりました。

半数以上の方は自分の臨んだ大学へ進学できているみたいですね。

この結果を見て、読者の皆さんの目にはどのように映ったでしょうか。
多いと感じる方、少ないと感じる方がいらっしゃると思います。

しかし、大学進学率が50%を超える現代で半数以上の受験生が自分の望んだ大学に進学できている!と考えると数字自体が持つ意味よりもっとすごいことだと思えてきませんか?

図4

 

専攻分野について

「現在通っている大学の専攻分野は、入学前にあなたが学んでみたいと 思っていた分野でしたか。」

という質問に対し、78.8%の学生は自分が学びたい分野だったと回答しましたが、21.1%すなわち5人に1人の学生は『違う分野だった』と答えています。

意外と多いですね…

さらにその内訳をみていくと、『違う分野』と答えた人の 割合がもっとも高かった分野は
『電気・電子工学系』の30(アンケート内での割合)でした。

電子回路

 

これは、機械工学系、情報・通信システム工学系を目指していた学生が「類似のカリキュラムがある学科として入学したものの、実際はちょっと違っていた」といった意見をいただきました(友人に聞いた一例)。
また、今回は『電気・電子工学系』でまとまっていましたが、電子工学を専門的に学びたかったのに電気工しか合格できなかったなどもあります(担当者体験談)。

このようにせっかく合格しても、自分の学びたかったことを(専門的に)学べず4年間を過ごすのはもったいないですね。編入、転学・転科試験を利用すれば自分の希望していた分野へ近づくことも可能でしょう。
しかし、それは通常の大学入試に比べてハードルは高くなります。

また、金銭的にも多少なり負担がかかります。なので、高校生の皆さんにはなるべく大学の紹介が載っているパンフレットやホームページの活字だけではなく
大学生・院生の生の声にふれて自分のやりたいことができる
最適な学科へ進学してもらいたいです。

特に電気・電子志望の方は!

 

参考までに高校生の方はこちらのサイトなんていかがでしょうか?

理系学生の進路/研究室選択応援サイト

また、理系+が毎週理系の方向けの情報を発信している

理系+メルマガも情報源としていかがでしょうか

配信登録はこちら

ゆってぃ 電気工学系大学生

カテゴリ一覧

さらに読みたい記事

一覧へ

Follow us

理系+では、理系分野に興味がある人に向けて様々な情報を日々発信しています。

最新情報はSNSアカウント又はメルマガにて受け取ることが出来ます。